まだわからない

みんな忘れているみたい

日口国都

1分 (262文字)
最後になるかもしれない

1 13

あらすじ

ちょっと黙っていたけれど みんな忘れているみたい 窓の外の町街は燃えていて 沈む太陽はすこし霞がかって赤い 音を立てて揺れる列車からのどれもが 人それぞれの思い出になる

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品