透明な血液

神崎サヤがぼくの前に現れたのは、彼女を殺害してから一か月半が経つ頃だった。

シノモチ

ホラー 完結
14分 (7,959文字)

6 44

あらすじ

「未練があるせいで天国に行けないんです」 ぼくがシャワーを浴びていると、目の前に神崎サヤという女性が現れた。 すました顔をしている彼女は、ぼくが12月に殺害したはずだった。 ※作品の設定上、一部

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品