受賞

深山の王

その者の威風堂々たる姿、まさに王の如し

との

14分 (7,856文字)

110 2,700

あらすじ

家で読書をして過ごすことが好きな陽太は、偶然手に入れたノコギリクワガタのオスを目にして、その姿に惚れこんでしまう。 彼は意を決して父親に虫取りに行きたいと告げる。

目次 1エピソード

感想・レビュー 9

生命の尊さ。自然の摂理。

主人公の小学生にとっての、特別な夏を描いた短編小説。 インドア気質の少年がクワガタを通して初めて触れた生命の神秘。それにのめり込んで知ろうとしていく彼を、父親は更なる興味の深淵へいざなってゆきます。
1件3件

人もまた自然界の循環のひとつ

大賞受賞おめでとうございます(*´ω`*) 僭越ながらレビューを書かせて頂きます。 古くから日本では自然界の成り立ち、特に昆虫との戯れを父から教わることが多かったのではないかと思う。 今回、父子
1件1件

サイコ~。

素晴らしい物語を読ませて頂いた気分で、感動さえしています。 都会育ちの私は、あまり昆虫とか自然に興味がある、という訳ではないのですが、その描写にぐいぐいと惹きつけられました。 父親との会話、良いですね
1件1件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る