竜が居ない国-アルソウムの双剣5-

ディエブ川の河口に巨大な貿易港を建設する計画が密かに進んでいる。だがその裏には連合王国全体を巻き込む政争があった。

加藤晃生

4時間48分 (172,500文字)
2019年日本ファンタジーノベル大賞一次落選作品! みんなもっと面白いもの書かなきゃダメですよ!

61 1,870

あらすじ

 名門大学を出ながらも出世とは無縁の日々を送っていたソルは、ある時、大学の同級生で高級官僚となった男から、ディエヴ河下流のクヒアの町で行われている川港の建設工事の進捗が思わしくない理由を調べて来て欲し

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る