エピソード0 ショボい魔力で生まれた姫は、辺境の地に住む貴族の子になった。

1/2
174人が本棚に入れています
本棚に追加
/202ページ

エピソード0 ショボい魔力で生まれた姫は、辺境の地に住む貴族の子になった。

雷が激しく鳴り響いている。 その日、天候は荒れていた。 とある国の、とある城の一室で、赤子の産声がこだました。新たな王族の誕生である。 乳母が取り上げた子供を抱き抱え、司祭の前にひざまづく。 「司祭様、どうか姫様の命運をお示し下さい」 司祭が杖を赤子にかざし、杖についた魔石がぼんやりと光る。 「これは……」 司祭の目が見開かれた。
/202ページ

最初のコメントを投稿しよう!