エピソード1 元姫、森でイケオジと出会う。

23/87
174人が本棚に入れています
本棚に追加
/202ページ
「それって、今までの生活がガラッと変わるかもしれないってこと?」 ルクソニアは、ヨドのローブの裾を軽くつまみながら聞いた。 「支持する王子によっては、そうなるだろう。ルクソニア嬢は、不安だろうか」 ローブの裾を軽く引っ張りながら、ルクソニアはポツリと言う。 「……だってわたし、パパにもエドガーにも何も聞かされてなかったのよ。 それに……王子様の事だって、何も知らないもの」 革靴で地面にのの字を書いて拗ねるルクソニアに、ヨドはくすりと笑った。 「ルクソニア嬢。 王子のことについてなら、私も多少情報を提供することができるが、いかがだろうか」 それを聞いたルクソニアは、地面から顔を上げると、上目使いでヨドをみた。 「ヨドは王子様のこと、知っているの?」 じーっと観察するように見つめてくるルクソニアに、ヨドは少し困ったように微笑んだ。 「……むかし少しの間だけだが、王子の先生をしていた時がある」 ヨドの発言に、ルクソニアの表情が明るくなった。 「そうなの? ヨドは先生だったのね! でもなんだかわかる気がするわ、ヨドは色々知っているもの!」 キラキラした尊敬の眼差しでみつめてくるルクソニアに、ヨドはくすりと笑った。 「ルクソニア嬢。 私が知っているのは、常識の範囲内の知識だけだよ」 それを聞いたルクソニアはショックを受けた。 「ヨド、それだとわたし、常識を知らない子になるわ!」 ルクソニアの発言に、ヨドはひとり肩を震わせた。それを見て、ルクソニアの頬がぷくーと膨れる。 「申し訳ない、ルクソニア嬢。 ……それであなたは、王子の何が聞きたい?」 ルクソニアは難しい顔をして首を傾けた。 「どんな性格の人とか……?」 「なるほど。忌憚(きたん)なき王子評が聞きたいという訳か」 「忌憚(きたん)?」 「余計な気遣いのない、という意味だよ」 ヨドはふわりと笑った。
/202ページ

最初のコメントを投稿しよう!