烏羽玉の闇夜の底に響く雁が音

1/1
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
 逢瀬と呼ぶには、余りにも情緒も風情もない。 情事、――いや、情交あたりがせいぜいお誂え向きか。  俺は奴の尺八が奏でる千鳥の曲に、じいっと耳を澄ませる。 横笛を吹くお上品さよりも豪快なのが、我ながらだと思う。 俺の管長はもちろん54㎝もないが、それでも奴には十二分に苦しそうだった。 ――細面の顔は歪んでいても尚、きれいなままだった。  それにしても、首振り三年ころ八年とはよく言ったものだ。 喉奥まで咥え込んで首を小刻みに揺らす奴の様は、揺さぶるというよりは強請(ゆす)ると言った方が相応しい。 コロコロという音は鳴らないまでも、側壁を這う奴の指遣いは実に巧みだった。  八年――、奴との付き合いもだいたいそれくらいになる。 それ以前から奴には素地と素養とがあったと、俺は信じて疑わない。 俺を女に見立てての、(うぐいす)の谷渡りなど見事の一言に尽きた。  その証拠に、今も一気に頂点へと引き上げられている。 俺は慌てて椋鳥(むくどり)の体勢を崩した。  ムクドリ――、69ドリとは言い得て妙だった。 よく出来過ぎている。とまで思う。 男が上だとただの椋鳥、女が上だと逆さ椋鳥。 しかし、今の場合は互いにオス同士だった。  椋鳥の片割れが、奴が口を拭って俺を見る。 「もう少しだったのに。――嫌なの?」 「嫌だね」 奴がニィッと嗤う。 鶯の舌先が這い出てきて、紅梅の如き唇を舐めた。  先にイッた方が負けだと言い出したのは、俺だったのか奴だったのか――。 鍔迫(つばぜ)り合いには余念がなく、全く気が抜けない。 狭いラブホテルの一室は、合戦場さながらだった。                 終
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!