食い逃げ

混迷する現代にこそ必要な啓蒙がある。至極かつ傑出の(パティーシュ)プロレタリア文学の名著爆誕! 君は時代の生き証人なる!

トモハシ

コメディ 完結
14分 (7,994文字)
現代版の蟹工船というか、女工哀史というか、貧乏物語というか、死線を越えてというか……まあ、そんな高尚ものではないです。

8 143

あらすじ

 世に我が身の貧しさの責任を押し付ける佃仙吉(つくだせんきち)。飯場で使い捨て労働者となり、常に社会を見下しながら生きていたが、ふと立ち寄った中華料理屋のチャーハンの味に感動して、一転して腐り気味の人

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る