最終章

6/6
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/55ページ
 僕が六十年前の世界に行って、変わったのはねねちゃんの人生だけではなかった。僕自身の人生も大きく変わってしまったのだと今さらながら気がついた。つまり、その十年後に僕が証券会社に入社して顧客の老夫婦を死なせてしまう、という事件もなくなったのだろう。  それ自体はもちろん悪いことじゃない。ただ、ねねちゃんが心の壊れた僕を見捨てないで励ましてくれて、その結果として僕が深い絶望から立ち直れたという事実までなくなってしまった。  僕に人生を変えられた中学生だった僕は、おそらくいつまでたってもねねちゃんに対して心から感謝する気持ちを持つことができなかった。無意識のうちに彼女に横柄で無神経な態度を取るようになり、彼女はいつしかそんな僕に愛想を尽かし見放したのだ。  今思えば、僕が六十年前の世界を去る前からこうなる予兆はあった。僕は彼女をねねちゃんと呼んでるのに、彼はねねと名前を呼び捨てにして呼び始めていた。僕はそれを内心苦々しく思いながらも、たいしたことはあるまいとその重大な変化を見過ごしてしまった。  そうだとすれば、少なくとも72歳までは生きてるはずの僕がすでに死んでいることも説明がつく。萌は自分を責めていたけど、彼女の食事が悪かったせいなんかじゃない。  72歳の僕と出会った12歳の僕はその後の人生でねねちゃんを失うことになって、72歳の僕に合わせる顔がないとずっと思って生きていたのだろう。自殺こそしなかったが、60年前の世界から72歳の僕が戻ってくる前にこの世から消えてしまいたいと願っていて、その悲しい願いが叶っただけのことなのだ――  しばらくして僕は無言で立ち上がり、閉められたドアの方へとぼとぼと進んでいった。ドアノブに手をかけたとき、後ろからねねちゃんの明るい声が追いかけてきた。  「あたしの過去を変えるために寿命を縮める覚悟で六十年前の世界に飛んでいってくれたのに、結局創君はあたしを失っただけだった。しかも戻ってきた未来では創君はもう死んでいた。君にはちょっと難しい話かもしれない。でも現実はいつだって理不尽なものなんだよ」  そうだね。こんなに君に嫌われてるのに、僕はまだ君を愛しているしね……。僕は激しく自責の念に駆られながらも、一方で君が今幸せそうであることで不思議な安堵感に包まれていた。  そう感じたことは口に出さず、一度も振り返ることなく病室を出て、僕はがちゃりとドアを閉めた。  【完】
/55ページ

最初のコメントを投稿しよう!