アンドロイド・蕾参上!

1/9
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ

アンドロイド・蕾参上!

大学二年の夏、親父が死んだ。 突然の事で、地方の大学に通っていた俺は悲しむ間もなく都内に戻ってきた。実家に行くと、母親が出迎えてくれた。母は、親父が死んだなんて嘘なんじゃないかと思うくらい普通で、お帰りなさい、と言った。 お夕飯、用意してるから、そう言うと台所に消えていく。もしかして、やっぱり嘘で、奥の書斎から父が出てくるんじゃないかと思った。 なんて言っていいか分からず、俺はダイニングテーブルの椅子に座る。 夕焼けの真オレンジが、リビングのソファーを照らす。 そこに父が座っているかのように思えた。 「…聖那(せな)、帰ってきてくれてありがとう…未だに信じられないのよ」 「…うん」 俺たち親子はそう言いながら、味気のないコロッケを食べる。ソースの味さえも、何だか透明に感じる。 父がいない。 自分にとっては、信じられないような事だった。 「…書斎から、遺書が二通出てきたの」 「えっ」 思わずコロッケを出しそうになる。 蛼の鳴く音が、庭から聞こえてきた。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!