彼じゃないとダメなの

2/2
54人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
「でも、もうだめだよね…」 「ん?」 「まこちゃんのこと、傷付けちゃった…」 「あんただって、傷付いてんでしょ?」 「あたしの傷なんて…」  ハッとして体勢を低くする。  入口のドアが開いて、お兄ちゃんとまこちゃんが入って来たのよ。 「…話す?」  聖子(せいこ)ちゃんが小声で言ってくれたけど。  あたしは、ぶんぶんと首を横に振る。 「無理だよ…帰る…」 「もうっ。このままでいいの?」 「だって…」 「まこちゃん、モテるよ?」 「……」  上目使いで、聖子(せいこ)ちゃんを見る。 「うちのバンドで一人身はまこちゃんだけだからね。事務所でも、結構目つけられてんだから。」 「……」  でも、あたしには何も言えない。  もう、あたしたちに復活はのぞめないよ…  あたしがうつむいたまま、くよくよしてると。 「鈴亜(りあ)。」  ふいに、大好きな声。 「…まこちゃん…」  顔をあげると、まこちゃんがあたしの前に立ってる。 「じゃ、あたしはこれで。」  聖子(せいこ)ちゃんが席をまこちゃんに譲る。  そして、聖子(せいこ)ちゃんはまこちゃんの耳元で何かをつぶやいて。 「素直になんのよ?」  あたしに、指差して…そう言った。 「…あの時は、ごめん。」  まこちゃんが、沈んだ声で言った。 「…え?」 「頭の中パニックで…きつい言い方しかできなくて。」 「……」  まこちゃんでも、パニックになるなんてことがあるんだ。 「あれから、いろいろ考えた。」 「…何を?」 「鈴亜(りあ)が、一番幸せになれる方法。」 「……」  髪の毛を、かきあげる。  あたしの、大好きな仕草… 「あの時一緒にいた男が好きなら…それは…それで仕方ないんだけど…」  そんなこと、言わないで。  あたしは、まこちゃんしか…  でも、あたしが言ったって…そんな言葉も嘘に聞こえてしまうよね… 「いや…そうじゃなくて…」 「?」  まこちゃん、今までになく、うろたえてる。  何? 「その……まあ、鈴亜(りあ)があいつが好きなら…仕方ないけど……でも。」 「……」 「でも、俺は納得いかない。」 「…まこちゃん…」 「確かに、俺はバイク乗らないし…ハデな格好も似合わない。でも、鈴亜(りあ)のことは、誰よりも大切なんだ。」  夢のような言葉が、聞こえてきた。  今、まこちゃんは…あたしのこと… 「鈴亜(りあ)は、デートが短いって拗ねてたけど…俺だって、本当はもっとずっと一緒にいたかったし…」 「…本当?」 「本当。」 「じゃ…どうして、あんなに早く帰ってたの…」 「鈴亜(りあ)は、みんなに愛されてるから。」 「……」  意味がわかんなくてキョトンとしてると。 「鈴亜(りあ)には黙ってたけど…朝霧(あさぎり)さんにつきあってる事、言ったんだ。」 「……父さんに?」  初耳。 「そしたら、門限を言い渡されて。」 「……」  父さんたら! 「でも、結婚したらずっと一緒だしって。そう思ったら、大して苦にはならなかったんだ。」 「…あたしには、苦痛だったわよ…」 「……」 「まこちゃん、本当にあたしのこと好きなのかなって…いつも不安で…」 「…ごめん…」 「でも、あたしはまこちゃんが大好きで…なのに、あんな…他の人と遊んだりして…」 「…それは、もういいから。」 「あたし…」 「ん?」 「こんなあたしでも…いいかな…」 「……」 「遅くない?あの時のプロポーズ…受けても…」 「鈴亜(りあ)…」 「まこちゃんとなら、一生青春だなって…気付いた…」  あたしは、まこちゃんの目をまっすぐに見つめる。  この気持ちに嘘はない…って、気持ちを込めて。 「幸せに、するよ。」  まこちゃんが、そっと…あたしの手を取って言ってくれた。  胸がいっぱいになって、言葉を探してると。 「まーた、身内が増えた。」  ふいに、頭上から声が…  まこちゃんと二人して顔をあげると、SHE'S-HE'Sのみなさん。 「これで光史(こうし)とまこは義理の兄弟だもんな。ますます身内バンドだよ。」 「こうなりゃ、とことん身内で固めるとするか。」 「今度は子供同士を結婚させたりして…」 「早いうちに許嫁とか決めたりしとく?」  ……  まこちゃんと、顔を見合わせてしまった。  あたしが首をすくめて笑ってると。 「よかったな。」  お兄ちゃんが、あたしの頭をくしゃくしゃにして…そう言ったのよ…。  14th 完
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!