千年桜の木の下で

恋人が好きな、花で伝える最期の想い。来世でも、また君とーーーーーーー。

水無月 風夏

恋愛 完結
6分 (3,341文字)

5 4

あらすじ

第二次世界大戦で死んだ彼から、恋人へと送られた最期の手紙には、恋人への想いが筒がなく記されていた。 恋人はそれを見て涙を流し、寂しいと言葉を漏らした。 すると、不意に二つの栞がヒラヒラと舞い落ちる

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません