プロローグ

1/3
3232人が本棚に入れています
本棚に追加
/414ページ

プロローグ

「あの……」  前と横に人ひとり分の距離を開けて歩く彼の背中を見つめて、声を絞り出す。 「ん?」と、背中が立ち止まる。  彼が立ち止まったのと、私がそれに反応して立ち止まるのとではわずかに時間差が生じ、ひとり分の距離が、半人分に縮まった。 「ごめんなさい。なんか――」  彼の顔を、正面からちゃんと見るのは初めて。視線が交わるのも。  モテるの、わかるな。 『すっごいイケメン、てわけじゃないんだけど、なんかいいんだよねぇ』  クラスの女子がそんな風に言っているのを何度も聞いた。  クラスに限らず、学年の半分以上の女子はそう思っているだろう。  本気で彼を好きな人も、友達として好きな人も、憧れの眼差しを向ける人もいる。要は、みんなに好かれる人気者。  いわゆる『すっごいイケメン』も校内に数人いるが、少し近寄りがたかったり、来るもの拒まずの女好きだったりして、観賞用にされがち。  顔ももちろん好かれる要素ではあるけれど、彼の場合はそれ以上に人柄や雰囲気で好かれているのだと思う。  偉そうに言えるほど、よく知らないんだけど……。 「なんか、巻き添えにしてしまって」 「巻き添え?」  彼はクスッ、と笑った。 「全然?」 「けど、面倒でしょう? 立候補した私の隣の席だったってだけで――」 「――そんなの、早坂(はやさか)のせいじゃないじゃん」  名前、呼ばれたの初めてかも……。 「そう……なんだけど」 「遊んでばっかいないで、早坂みたいに人の役に立てって、神様の思し召しかもな。それに、受験の年に委員やってたら、内申点上がるかな」 「かな……?」
/414ページ

最初のコメントを投稿しよう!