「クロスロードの靴」 77

1/1
43人が本棚に入れています
本棚に追加
/77ページ

「クロスロードの靴」 77

「クロスロードの靴」 77  駅前の喫茶店で待ち合わせをした。かおりさんはひとりで現れた。僕は席を立ち上がってあいさつをした。かおりさんは母の顔になっていた。  かおりさんはホットミルクを注文してから第一声を発した。 「恭介、大人になったわね。男らしくなった。けっこうもてるでしょ」  実はつき合っていた女性がいたと告白した。名前を訊かれ、「瑤子」と答えた。 「一緒にフランスへ行かないの」とか、尋問のように僕への質問が続いた。話し方があやねさんに似ていた。僕は「断られました」と正直に打ち明けた。  僕の近況報告が終り、約束の絵をプレゼントした。 「これが欲しかったの。私の大切な家族。この絵、大事にするからね」  かおりさんが感慨深そうにじっと見つめていた。かおりさんが優しく笑った。 「絵って、描く人の気持ちがでるのね。微妙な距離感が絵にでている」  なにを伝えようとしているのか、僕にはわからなかった。 「かおりさん、距離感って、遠近法のことですか」 「そうじゃなくて、恭介、りゅうに寄り添っている。やっぱり、りゅうが好きなのね」 「はい。好きです。かおりさんは誰が好きでした」  今になって訊いてはいけないことを訊いてしまった。 「あの頃は、好きな人と必要な人は別だったから。でもどちらも大切で、どちらも大事な人。比較なんてできない」  僕の期待した返事はごまかされた。隠す必要などないのにと不満に思った。どうして秀介さんから離れたのかと理由を訊いた。 「あの頃の私たちは秀介に甘えすぎていたの。人を頼ったり、人に甘えたりすることを全面否定しているわけじゃない。互いが寄り添い、助け合っていくことは必要なことだし、大切なことだと思っています。でも、相手が無理をして、体を壊したり、倒れたりするまで()りかかるのは甘えすぎです。それでは支え合う対等ではありません。どちらかが重くなれば共に倒れてしまいます。だから秀介ではなくりゅうを頼ったの」  人の行為には必ず理由があるんだ。僕は素直に納得させられた。  今どこに住んでいるのかと訊きたくて、「今は」と言いかけた途中で、「今は幸せよ」とすべての質問を網羅(もうら)した返答がされた。なにを訊いても、行き着く最後の返事が、幸せならばそれでいい。僕はそれ以上訊くことができなくなった。 「そろそろ帰ります。昨日、下宿先を引き払って直接こちらへ来ましたから。これから実家へ帰ってフランス行きの準備をします。来月にはフランスへ旅立ちます」 「そう。しばらく会えなくなるのね。寂しくなるね。落ち着けば手紙をちょうだいね」 「必ず手紙を書きます」  席を立つと、かおりさんが左腕をあげて、手の甲を見せてくれた。手首には三つのミサンガが巻かれていた。かおりさんの薬指に指輪が光っていた。瞬時に秀介さんの笑顔が浮かんだ。 「計算」、「誰が親でも」、「東京に行ってて」、「居て」じゃなくて「行ってて」か。  だからりゅうさんはこの町に引っ越したのか。なんだ、本当はりゅうさんも知っているのか。知っているのに隠すなんて、りゅうさんも人が悪い。当然かおりさんも知っている。みんなで真相は話さないと決めたのか。  かおりさんの笑顔が眩しいくらいとても輝いて見えた。 「そうですか。よかったですね」  しばしの別れを惜しんで喫茶店を出た。かおりさんが駅までお見送りをしてくれた。 「恭介、がんばって」  あやねさんが、あの頃のみんなが、一列に並んで僕に手をふっているように思えた。自然と笑みがもれた。  僕は彼らのエールを胸にして、旅立ちの改札口を抜けた。    最後の頁を読み終えたとき、深く息を吸い込んで、ゆっくりと吐き出した。  目頭が熱くなっていた。僕は自分が書いた物語を膝元に置いた。物語と想い出が二翼となって、彼らと共に大空を突き進んでいる気がした。 この物語には書けなかったことがひとつある。  それは先日、秀介さんが僕に電話をくれたことだ。 「先日は会えなくて悪かったな。仕事で出張だったから、すまない」 「いえ、そんな。急だったので、こちらこそすみません」 「話はかおりやりゅうから聞いたよ。夢に向かって歩き出すんだな。良かったよ。恭介、お前ならやれる。がんばれよ。それから今まで言えなかった事を言うよ。あの頃、恭介がいたから俺たちは助けられ救われたよ。お前の『存在』に、俺は、今も感謝している。ほんとにありがとう。恭介、身体に気を付けて、自分を大切にして、がんばれよ。応援しているよ」  秀介さんの思いがけない言葉に、とても恐縮してお礼を言った。なんだか、照れくさいやら、恥ずかしいやら、とてもうれしかった。それから、「存在」という言葉が、すうっと胸に届き、印象に残った。みんなを、一人ひとりを、認め、尊重し、愛していた秀介さんだからこそ、重く大切な言葉として伝わって来た。それだけに、初めて僕自身の存在を人に認められたようで、僕は涙が出そうになった。  みんながいてくれたからこそ自分を見失わずに生きてこられた。  人生に目的を持つ勇気を与えてくれてありがとう。  夢をみつけられるまでそばにいてくれてありがとう。  ほんとうにありがとう。  僕はがんばるから。  あきらめずにがんばるから。  いつかまた会える日を楽しみにして。    ふと窓に目を向けると、白光りする雲が浮かんでいた。
/77ページ

最初のコメントを投稿しよう!