学生時代の思い出に

4/10
3713人が本棚に入れています
本棚に追加
/57ページ
デザートまでしっかり食べきり、麗は幸せな気分だった。 「美味しかったです!」 「うん、美味しかったね。 何時もの進行なら、そろそろ一旦休憩している筈だから、麗音から連絡が来ているんじゃないかな?」 「そうなんですね。」 麗が姉からお下がりしてもらった携帯を見ると、確かに連絡が来ていた。 約束を反故にした謝罪と、麗がアキヒコ先輩と一緒で安心したこと。アキヒコ先輩にお礼を言っておいて欲しいこと。そして、上半身が黒ずくめの男に仕返しに恥をかかせたことが書いてあった。 麗が喜び勇んでアキヒコ先輩に報告しようとすると、アキヒコ先輩がお会計を済ませていた。 「あっお金!私の分は払います。」 麗が焦って財布を出そうとすると、また頭を撫でられた。 「高校生の子からお金を貰う気はないよ。 美味しそうに食べてくれただけで充分。」 「……すみません、御馳走様でした。 それと、姉が私の面倒を見て下さっている事にありがとうと伝えてほしいと書いていました。」 この場で押し問答しても、勝てる相手ではないので、麗は帰ってから姉に奢って貰った事を相談しようと思い、ここは退くことにした。 「それと、あの人にやり返したとも書いてあったんじゃないかな?」 店を出るときにアキヒコ先輩がドアを開けてくれた。麗の気がそれている間にお会計を済ませていた事といい、これがモテる男のエスコート力かと、麗は戦慄した。 「書いてました!してやったそうです。流石、姉さんです!!」 麗がメールに書かれていた姉の活躍をウキウキしながら報告した。 「それは良かった。」 姉からの勝利宣言に麗は歓喜して浮き足立ちながら歩いていた。 「君達姉妹は本当に仲が良いね。」 多分、バス停に送ってくれようとしているアキヒコ先輩の顔を見て麗はあれ?と思った。 「はい、姉さんの事がこの世で一番好きです!」 「そうか、麗音は幸せだね。」 麗は何となくアキヒコ先輩の表情に影があるような気がしていた。 「…明海先輩と上手くいっていないんですか?」 アキヒコ先輩の一つ下の妹の明海先輩は、麗と同じ高校の三年生で美人で気配りもでき、生徒会役員でもあるので、何かと目立つ存在だった。 時折、麗にも話しかけてくれる優しい人だが、麗は何となく、本当に何故か何となく、苦手に思っていた。 もしかしたら、勝てっこないのに完璧な明海先輩に嫉妬しているのかもしれない。 「え?」 アキヒコ先輩と目があった。 「あ、すみません、余計なことを言いました、ごめんなさい。」 思わず聞いてしまったが、麗ごときが立ち入る問題ではない。 「いや、気にしないで。 ほら、兄と妹だから趣味や考え方がどうしても違うみたいで、子供の頃ほど仲良く出来ていないだけで、確執とかがある訳じゃないから。 こちらこそ、ごめんね。ビックリさせちゃったね。」 バス停に着くと、麗が乗れるバスが近くまで向かって来ているのが見えた。 「…すみません。」 麗は小さくなって頭を下げた。 「本当に気にしないで。 ほら、バスが着いたよ。」 「はい。」 麗はお礼と別れの挨拶をして、バスに乗ろうと思ったが、何故かアキヒコ先輩が先にバスに乗り込んだ。 そうだ、アキヒコ先輩は責任を持って麗を家まで送ると言っていた。 行きは一人で来れたのだから、帰りも一人で帰れる筈なのだが、アキヒコ先輩はやはり麗を小学生だと思っているに違いなかった。
/57ページ

最初のコメントを投稿しよう!