しあわせの音が降る(1)

1/1
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/75ページ

しあわせの音が降る(1)

 不均一に模造された階段。  随分と伸びた草木が顔をくすぐる。  立ち止まって目を閉じてみたくなる。  ここにはわたしの知らないものがたくさんあった。  わたしの知らない匂いがたくさんした。  そしてそれは、今もまだここに残ってわたしの心臓を揺らしてくれる。  日に照らされた土の匂い。  ゆるりとした風がはこんでくる匂い。  その中に混じって、わたしの大好きな香りがする。    たぶんそれはわたしがここに立っていることを、あの人はもう分かっているからなのだと思う。
/75ページ

最初のコメントを投稿しよう!