あまおとあまこの人形劇

2/7
194人が本棚に入れています
本棚に追加
/169ページ
 兄貴は「雫ちゃんを僕の義妹(いもうと)にするために、壮馬にがんばってもらわねば!」と妙に張り切っていて、俺たちをいつも一緒に奉務させている。今回の人形劇(これ)も、俺と雫の距離を近づけるための作戦に違いない。  俺だって雫とつき合えたらどんなにいいだろう……と思いつつ、告白したくてもできない毎日を送っているので、雫と距離が近づくこと自体はありがたい。とはいえ、 「用事がないなら、今年も宮司と琴子さんがやった方がいいんじゃないですか。だって、ほら……」  あまおとあまこを卓袱台に戻す兄貴に、口ごもりながら目で伝える。  ──雫さんに人形劇なんてできると思うか? いくら『参拝者に愛嬌を振り撒くのが巫女の務め』がモットーでも、本性は愛想笑い一つ浮かべない、氷の巫女なんだぞ。  向いてない。雫に人形劇なんて絶対向いてない。それも、幼稚園児相手になんて。 〈どうしてだい? 私たちでやればいいじゃないか、壮馬クン!〉  隣から、やけに軽快な、甲高いつくり声が飛んできた……って、いま俺の隣にいるのは。  顔を向けると、雫が左手に嵌めたあまこを俺に向けていた。巫女装束と人形の組み合わせが、衝動的に抱きしめたくなるほどかわいい。生きててよかった。これだけで残りの人生を幸せに生きていけそう……いや、落ち着け。そんなことより。
/169ページ

最初のコメントを投稿しよう!