1. パンダが動いてる!!

1/3
21人が本棚に入れています
本棚に追加
/205ページ

1. パンダが動いてる!!

「ねえ〜〜、ちょっとエリカ!どうしたの!バスの時間、間に合わないわよ!!」 友人の高木 萌の声を振り切って、夏川 エリカはUターンすると猛ダッシュし出した。 「ちょ、ちょっと待ってよ!!」 慌てて、高木 萌が追いかけてくる。 「だ、だって、携帯に財布までお店に置いてきちゃったんだもん! 戻るしかないっしょ!!」 「もう〜〜、そうならそうと先に言いなよ!いきなりUターンして走り出すんだもん。びっくりするじゃない!!」 ふくれっ面の萌にエリカが申し訳なさそうな顔を向けた。 「ご、ごめん、ごめん。急に思い出したもんだから。つい……。」 「もう〜〜、ホント、エリカは昔から一言足りないのよねえぇ〜〜。 で、でもさあ、もうお店閉めちゃってるんじゃない? 間に合うのかな?」 心配顔の萌とは裏腹にエリカは自信満々に口を開いた。 「大丈夫よ。週末は片ずけに明日の仕込みでそんな簡単には終われないって。 たぶん、黒田さんや河村さん辺りはまだ残って仕事してるはずよ。 あ、あと、料理長もね。」 息を切らしながら二人が従業員用のドアの前に立つと、聞き慣れた声が店内から聞こえてきた。 「ほらね、言った通りでしょ?」 エリカは自慢気に友人の萌に言った。
/205ページ

最初のコメントを投稿しよう!