王国と個人と?

5/19
2024人が本棚に入れています
本棚に追加
/489ページ
「まあ、少し経てば慣れるはずだ。貴女も短い間だが、王城に住んでいたからな」  え、住んでた?これが王族の居城?これが家の一部なの?  スケールが違いすぎてもう白目剥きそう。  その後、シャンデリアが並ぶ長い廊下とか、金、銀、宝石が散りばめられた柱とか、天井一面フレスコ画の場所とか通り抜けて、なんとか目的地まで来た時は、すっかり疲れきっていた。  豪華すぎて、庶民にはカルチャーショックが強すぎる。  ぐでん、と軟体動物のようにソファーにへたり込む私に、ローデリヒさんは眉を下げた。 「すまない。まだ体調が悪いのに無理をさせたな……。一応近道を使ってきたのだが……」  あれで近道……?  移動だけで20分は掛かってると思う。  オマケにすれ違う使用人の人達が廊下の端に寄って、私達が通り過ぎるまでみんな深々と礼をしているのだ。  本当に実感が今まで湧かなかったけど、ローデリヒさんそういえば王太子様だったんだよね……。  本当に実感湧かなくて、親バカな人くらいの感覚でいたんだけど。  あれ、それならイーナさんにちょっかいかけまくっている、犯罪っぽい国王様ってもっと凄い人なんじゃ……?  正しい認識に気付きそうになった時、ノックの音無しで扉が開く。  全員そちらの方へと視線が集まった。
/489ページ

最初のコメントを投稿しよう!