1、姉妹の戦いが始まった

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

1、姉妹の戦いが始まった

たぴ岡みるくTバックグラビアアイドル19歳は自宅の玄関を開けた。甲高い声が響く。 「あら、みるくお姉様。おかえりなさい」 「ぴいち」 たぴ岡みるくの妹、たぴ岡ぴいち16歳。 最近、芸能界デビューをして姉と同じくTバックグラビアアイドルとして活躍している。 髪型は黄色に近い金髪で、巻き髪のツインテール。 「お姉様。今度の『週刊青年プルルン』の表紙もワタクシに決まったわ。これで10週連続よ。お姉様の時代はもう終わったの。とっとと引退したら?」 「このクソガキっ」たぴ岡みるくは、自分の髪に結んでいたシュシュをほどいた。ピンクの生地に黒のタピオカ柄である。ミルクティブラウン色のロングヘアが広がる。 「まあ。お姉様ったら、そんな汚い言葉使ってるとお尻が汚くなるわよ。今年のゴールデンTバック賞はワタクシが頂きね。ホーホッホッホッ」 ゴールデンTバック賞は、毎年その年で1番美しかったTバックのグラビアアイドルに贈られる賞だ。景品は金のTバッグ。 たぴ岡みるくは2年連続受賞していて、あと1回受賞すれば殿堂入りとなる。人気投票で決まる。 (まさか姉妹でこの賞を取り合うことになるなんて) 金色の巻き髪ツインテールを揺らしながら階段を上がっていくぴいち、ひるがえるミニスカートから蛍光の黄色いTバックと、はちきれそうな大きいお尻が見えている。 妹のお尻を見上げながら、たぴ岡みるくは何か活躍の場を広げなくてはと考えていた。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!