5、イケメン薬剤師におならの薬

1/1
0人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

5、イケメン薬剤師におならの薬

診察が終わって薬局にて。 消化器内科のお医者様ったら、おならが出ることは悪いことじゃないって言ってたけど、(にお)いが人に迷惑かかるし、音がでたら恥ずかしいのよ。 処方箋を受付に出してソファーで待つ。 ぽ♪ ぴいちからLINEが届いた。 〈お姉様、彼氏がいるって本当?〉 「え?」 ぽ♪ 〈ネットのニュースになってるわよ〉 ぽ♪ ぴいちから記事が送られてきた。 (あら、粕田(かすだ)くん) 病院に来る前の、たぴ岡と粕田が話してる写真だ。 ぽ♪ 〈『たぴ岡みるくTバックグラビアアイドルと不良少年が密会』ですって。 彼氏がいるなんて分かったら、ファンが減るんじゃないかしら?  今年のゴールデンTバック賞はワタクシに決まりね〉 ぽ♪ ホーッホッホッと高笑いするぴいちのLINEスタンプが送られてきた。 (いつの間にこんなスタンプ売り出したの) 《彼氏じゃないわ》とだけ返信した。 「たぴ岡さん、お薬ご用意できました」 (あら。この薬剤師さん、かっこいい。優しそうな目元。メガネに白衣。素敵だわ)  薬剤師がたぴ岡に説明する。 「こちらが腸の中でおならを消す薬 『ヘオケス』 こちらが便をゆるくする薬 『ユルユルベンベン』 そしてこちらが乳酸菌の薬……」 (ああ、好みのタイプの薬剤師さんに目を合わせられながら、おならの薬を説明されるなんて。恥ずかしいわ。全身の汗腺から汗が吹き出る思いよ。でもこの感覚、嫌いじゃないわ! 興奮する!) 「お薬は一ヶ月分です」 (一ヶ月後にまたこの薬剤師さんに説明されなきゃいけないの? ああ、待ち遠しいわ!)  たぴ(おか)みるくは帰宅した。 マネージャーからメールが届いた。粕田くんとの熱愛記事について聞かれた。 (今日知り合ったばかりよ。道端で密会するわけないでしょ。ファンが心配するから、ちゃんと否定しなくちゃ) マネージャーに熱愛記事否定の文章を送った。すぐブログに載せてくれた。 自分の部屋に入った。壁中、自身の水着ポスターが貼られている。もちろんTバッグだ。 「ふぅ。いつ見てもいいお尻ね……」ベッドに横になった。「粕田君、また会えないかしら……」
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!