一通目:黒川 詩那

2/66
10人が本棚に入れています
本棚に追加
/318ページ
 それと、今回は彩人に報告があるの。  私にも、恋人ができたの。  高校生の時は、この先私に愛利沙(ありさ)以上に大切な人ができるのか、って本気で思ってた。私はあの時、これ以上無いほど、自分以外の人間を想って過ごしていたから。  今の恋人の事は勿論好きだし、愛してる。でも、愛利沙の時みたいな、熱く燃え上がるような気持ちを持っているかと言われたら、違う。でも、あの時よりも、もっともっと深く、そして穏やかな愛情が、今はある。  彼女に出逢ったのは大学二年の時。出逢ってすぐに意気投合、っていうわけじゃなかった。私は愛利沙が別の高校へ転校しても、高校を卒業してからもずっと、忘れられなかったから。  それに、私はこんな性格だから。彩人も知ってるでしょう?私の愛想の無さを。  私が恋人の愛を受け入れて、自分の気持ちに嘘をつかずに応えようと決めるのに、随分と時間がかかった。なぜって、私の気持ちが恋人へ傾き始めた時、同時にふと思ったの。もし、私が愛利沙に、私の事を全て話して想いを伝えていたら、どうなっていただろう、って。彼女がもし、それでも私の事を受け入れてくれていたら、って。
/318ページ

最初のコメントを投稿しよう!