2、踏切を渡りたい

1/1
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/36ページ

2、踏切を渡りたい

莉子はファミレスを出た。小雨がふっていた。このファミレスから莉子の家まで徒歩10分。走れば5分ほどで着くだろう。 「うぎゃあ、雨降ってる」 踏切を渡ろうとしたらカンカンカンカンと音が鳴って「踏切の外に出て下さい」と女性の声でアナウンスがした。そして遮断機が降りてきた。 「うう、どうしてこの踏切は地下通路が無いの。濡れちゃうじゃん」リュックの中からパンダ柄のタオルを出す。 電車は何本通るんだろう。多い時は9本くらい待たなければいけない。100メートル位先にある駅の近くの踏切まで走ろうか。あっちの踏切の方がすぐに開くし、地下通路もある。 そういえば転生物の小説では事故にあって死んでしまって、その後気付いたら異世界に移動してる話が多い。 「……し、死ぬのは、ちょっと……。今読んでるweb小説の続き気になるから、まだ死ねない!」  電車が通過する時に風圧があった。後ずさりする莉子。電車は1本だけ通過して踏切はすぐに開いた。 「莉子! 何で先に帰っちゃうの?」 傘をさして春樹が追いかけて来た。大きなビニール傘に莉子を入れてくれる。 「ごめん、春樹! 早く帰ってテレビ観たいの!」 「web小説じゃないんだ」 「小説は寝る前に読むよ」 「あのさあ、莉子」 「なあに?」 「俺、今日莉子に言いたいことあって」 「えっ……」 カンカンカンカン「踏切の外に出てください」カンカンカンカン 踏切が鳴り、遮断機が下りてきた。 「莉子、お……」 「えっ何? よく聞こえない!」 風圧と共に電車が通り過ぎる。 遮断機が開いた。 「一旦渡ろう。そこのスーパーで雨宿りしようか」 莉子が雨に濡れないように肩を抱きながら歩く春樹。スーパーの屋根のある駐輪場まで来た。 「い、言いたいことって?」 「うん。お誕生日おめでとう」 「え?」 「これ、プレゼント」バッグの中からリボンが巻かれた袋を取り出して莉子に渡す。 「今日じゃないんだけど」 「へっ?」
/36ページ

最初のコメントを投稿しよう!