太古の星

4/4
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/76ページ
「まさか、この星に降り立つ生き物がいるなんて驚いたな」  緑色の楕円形の頭を持つ生物が男を見下ろしながら言った。紫色のクモの足のようなアンテナを持つ生物が続けて言う。 「地球という星の生物らしい。船を抑えた仲間からテレパシーが入った。このメリー星よりも文明ははるかに劣るが、まだ船を飛ばせるだけの資源は十分に残っているらしい。よし、地球という星を我々メリー星の植民星としよう」  資源という資源が取り尽くされ、ほとんどの動植物が死滅してしまったメリー星でも、シーラカンスだけはその形を変えずにゆらゆらと湖の中を漂っていた。 ◆◆◆ 完結 ◆◆◆
/76ページ

最初のコメントを投稿しよう!