隣室の地底人

4/4
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/4ページ
 次の瞬間、彼は両腕を広げて、大きなコウモリのように私に飛びかかった。彼の鋭い牙が俺の首を傷つけようとした寸前、俺の三本目の腕が上着の下から現れて、彼の眉間に小さなものを叩き付けた。    彼はギャッと叫ぶと、窓を破って6階のベランダから夜空に飛び出した。俺は窓から乗り出して真っ暗な夜空を見上げた。  大きなコウモリのようなものが翼を広げて、そのまま夜の闇の中に消えていくのが見えた。俺の三本目の手の中には、小さな十字架が握られていた。  俺はため息をついた。もはや地上世界は、吸血鬼(ヴァンパイア)たちに完全に奪取されてしまった。我々の地上侵略はあきらめるべきだろう。やつらに完全に先を越されてしまった。帰って上層部にそう報告しよう。地底世界から派遣されて来た、地上偵察部隊の工作員として。
/4ページ

最初のコメントを投稿しよう!