偏愛白書-君で満ちる私の全て-

好きになったのは何もかもが完璧な彼。彼に好きな人がいると知りつつも彼を求め続けることは止められなかった──。

烏海香月

恋愛 完結 過激表現
24分 (14,069文字)
<背徳白書-禁断恋愛に溺れる少女->シリーズの千早メインのお話です。

248 1,576

あらすじ

ひとめ惚れした彼は私よりもふたつ歳下の彼、碓井千早16歳。 頭脳明晰、容姿端麗の彼は当然の如くモテていた。 私もそんな彼に恋するひとりだったけれど、彼の隠された一面を知った瞬間、気が付けば私は彼を誘惑

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません