ハッピーエンドになっても

50/55
2947人が本棚に入れています
本棚に追加
/552ページ
 そして、柚月は空を見上げると、 「あ、流星」 と言ってきた。 「え? 何処ですか?」 「あれが流星だ」 と柚月は明らかに飛行機な光を指差して、言い切る。  いや、流星にしてはカラフルだし、真横に走ってってますけど、と思いながら、ひなとは見上げていたが、柚月は、 「流星だ。  よかったな、見られて。  さあ、中に入ろう」 と自分が見ようと言ったくせに、さっさと切り上げ、部屋に戻ろうとする。  ひなとは、えーっ、と言いながらも、自分も寝袋から出ようとしたが、もたもたしてしまう。 「しょうがないな」 と言いながら、柚月は寝袋のまま、ひなとを抱き抱えてくれた。
/552ページ

最初のコメントを投稿しよう!