花言葉と統計

AIに心はない。あるのは統計だけだ。

雲灯

SF 完結
7分 (4,159文字)
2020/7/5 SF日別ランキング5位! ありがとうございます!

44 850

あらすじ

 庭に手を入れる男、それに付き沿うAIロボット。  男はロボットへ問う。 「人間にできてAIロボットにできないことがある。それはなんだと思うね?」

目次 1エピソード

感想・レビュー 5

しっとりとした話

ロボットの淡々とした口調と、マスターのいぶし銀な一言一言が、対照的で素敵です。花言葉についてたくさん質問してからの、マスターの言葉「ああいう場面を見つけると、言葉の一つでも紡いでみたくなるものさ」。か
1件1件

「まるでガーベラのような」文章と物語でした

登場人物はロボットを含めても2名、固有名詞は花の名前だけ。 3場面構成の単調な話のようですが、奥の深さに驚きました。 おそらく物語開始時にはすでにリタイアして、 人生の終盤に差し掛かった男のひとり暮ら
1件2件

読後の余韻が何とも言えません。

ネタバレになってしまうので、本文はコメントに入れさせて頂きますね。
1件2件
もっと見る

この作者の作品

もっと見る