この試練、乗り超えてみせます

27/74
922人が本棚に入れています
本棚に追加
/247ページ
「でも、おじい様は、今の時代、皇太子様だって自由恋愛を選ぶ時代だって。 だから、咲子がその約束に縛られる必要はないって言ってくれるんです。 でも、お父様達はそうじゃない。 機会があれば、ぜひ、うちの咲子をって思っている…」 「だから、その機会をなくすんだ。 咲子ちゃんは皇太子様の返事を待つ間にいい人が見つかり、その人と幸せな結婚をしたそうです。チャンチャン。 それでいいんじゃない?」 咲子はそんな風に微笑む映司に抱きついた。 「ご両親にどうにかして分かってもらうしかないな。 堀江映司がどれだけ素晴らしい人間かっていう事をね」 映司はしくしく泣いている咲子の頬に優しくキスをした。 極上のシルクは抱きしめる俺にとっても、最高の肌触りだ。 映司の性格は、イタリアの母親にかなり寄っている。 確かに美貌も地位も名声も財産も、全てを手に入れてしまった環境もあるけれど、でも、根っこが陽気で前向きで自信家だ。 だから、咲子の件についても、何も怖いものなどなかった。 あともう少ししたら結婚を認めてもらい、晴れて咲子を抱く事ができる。 でも、そんな風に楽観視しているのも今だけだった。 咲子のネグリジェに顔をうずめてゴロゴロしている映司は、この後に地獄を味わう事になる。 不可抗力という映司には手に負えない大きな力が、もう、すぐそこに迫っていた。
/247ページ

最初のコメントを投稿しよう!