再会未満

1/1
182人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

再会未満

昼から夜への移り変わりの時間。 晴れていれば、美しい曙のグラデーションが広がっていたであろう時間。 梅雨に入ったばかりで、ごまミルク色の雲が一面に広がっている。 私はどうして、今日ここへ来ることを選んでしまったのか。 大学生活のほとんどをここで過ごした…と言っても過言ではない、渋谷の一角にあるマンションの一室。 もう6年目に入る都会生活にも関わらず、決して垢抜けない私と違い綺麗な都会がとてもよく似合うスーツの女性が彼と楽しそうに笑っている 。 オフィスの中には誰もいなかった 。 ほかの社員はきっとお昼に出かけているのだろう。 せめて ドアがしまっていればよかったのに。 出会いは、彼の小さなオフィス。 私は インターンとして、彼は大学卒業したての 起業したばかりのベンチャー社長 そもそもお金を支払う立場と支払われる立場。 決して馴れ合うべき関係ではなかったのだ 。 私は、物音を立てないように……ということも頭から忘れて、おろしたばかりの慣れないヒールでその場から駆け足で立ち去った。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!