プロローグ

1/2
77人が本棚に入れています
本棚に追加
/155ページ

プロローグ

 厚手のカーテンによって、外からの明かりは一切入ってこない。真っ暗な室内を照らすのは、両手で握るたった一本の蝋燭だけだ。  部屋の片隅にうずくまる。息を潜め、周囲を伺う。窓も扉もしっかりと閉まっている。人どころか、小動物だって入ってくることは出来ないだろう。 「終了時間まで、もうあと十数分ってとこか……」  残っている蝋燭の長さから、おおよその経過時刻を推測する。肝試しに近いゲームとはいえ、正直言って気持ちが悪い。もともとお化けだの幽霊だのが苦手な男が、安堵の溜息をついた時だ。  廊下から軋むような音が聞こえる。それは徐々に男がいる部屋へと近付いているようだった。 「嘘だろ?」  男は体を丸めるようにして、縮こまる。物音ひとつしない静寂の中、自身の心臓の音だけがやけに響くような気がした。  緊迫した雰囲気の中、鼓動が早まっていく。耳の後ろを流れる血液の音までもが聞こえるようだ。  その時、急に室内が真っ暗になった。 「っ!」  声にならない悲鳴を上げる。手に持つ蝋燭には未だ頼りない炎が揺らめいている。  それにも関わらず、何故か灯り(・・)が目に入らないのだ。
/155ページ

最初のコメントを投稿しよう!