夏色リフレクション

1/23
6人が本棚に入れています
本棚に追加
/23ページ
何かを変えたい。 そうした欲求を持つ人間は多いだろう。 俺の17年の人生ですらそう思うのだ、大人たちはもっと思っているだろう。 「当フェリーは、後10分程で才羽島(さいばじま)へ到着いたします。繰り返します、当フェリーは--------」 本土からフェリーに揺られて20分ほどで、俺の目的地の島が見えてくる。 「……。」 出航してすぐ、俺は甲板へ出て景色を見るでもなく、ぼーっと手すりにつかまり海を見ていた。 (…ここに来て、何かを変えられるのだろうか。) そんなことばかり考えてしまう。 ーーーーーーーーー (「君の才能には素晴らしいものがあるが、その状態ではここにはおいておけない。…すまないが、それが学校側の判断だ。」) (「ちゃんと直して戻ってくるんだろ!?なら、なんでそんなもの持ってるんだよ!?」) ーーーーーーーーー 「……。」 やめだ、今は思い返すのをやめよう。 (せっかくの心機一転、新しい場所でやり直せるんだ。) 過去は忘れて、とにかく俺は生まれ変わったと思うんだ。 そう自分に思い込ませるように、ぎゅっと目をつむり悪い考えを振り払おうと頭を振る。 その様子をおかしく思ったのか、1人のおじいさんが話しかけてきた。 「ぼうず、何をやっているんだ。そんなところで頭を振り回して」 色黒でガタイの良い、まさに海の男という感じのおじいさんだ。 見た感じ70代ぐらいのように思うが、俺よりはるかにガタイが良いので、実際はもっと年を取っているのではないかとさえ思える。 「あ、いえ……何でもないです。…ちょっと悩んでいて。」 苦笑しつつ返事をする。言ったところで、という考えが頭にあったからだ。 しかしおじいさんは 「何が何でもないだ、悩んでいるんじゃないか。わしに言ってみ」 「あ…いえ、お構いなく…」 こういう人って苦手だ。 言っても「どうせそんなこと」と一喝してくるのだ。 だいたい、じーさんに今の若い人間の価値観が分かるわけない。 俺だけじゃなく、今の若い人たちは同じように思っている、そう思い、じーさんには構ってほしくないのでそっぽを向いた。 「……。」 すると、じーさんは何も言わず俺肩と腰を触る。 「ちょ、何ですか…!?」 離れようとするが、じーさんに右腕を強い力で捕まれる。 は、離れられない。 「お前……。手首をけがしているな」 「な…そう、ですけど…」 じーさんの鋭い眼光の先には、俺を右手首。 そうだ。俺は右手首を損傷している。 「…いや、正しくは『していた』、か」 「……」 「お前、もう治っているだろうに、なぜけがをしている風に振る舞う?」 (まだ…治っていない…) そう、まだ治っていないんだ、でなければ、未だに力が戻らない説明ができない。 「そうか…」 じーさんは何かに気づいた。 俺を憐れむような眼で見ているようにも、何かそれ以上のものを見ているようでもあるように感じる。 「ぼうず、わしは清水という。お前の目的の島で医者をやっている。…気が向いたら来い」 そう言うと、じーさん…清水さんは名刺を俺に渡し、船内へ戻った。 (清水…) じーさん、俺のけがを見抜いていたな。 気が向いたら行こう、そう思った。 -ピンポンパンポーン- 『間もなく、才羽島へ到着いたします。繰り返します、間もなく--------』 (行こう…) 俺も船内へ戻った。
/23ページ

最初のコメントを投稿しよう!