Chapter1. 『揺れる心』

1/13
36人が本棚に入れています
本棚に追加
/98ページ

Chapter1. 『揺れる心』

貴方と言葉を交わさなくなって、どれほどの時が流れたのかしら。 勇気を出して声をかけても、その目を見てしまうと何も言えなくなってしまう。 どうして、貴方はそんな目をするの? 私に何を求めているの? 私は――どうすればよかったの? お願い、そんなに苦しそうな顔をしないで。 どうか……どうか――あの狂おしいほどの熱に浮かされた目で、愛しているのだと切に訴えかけてくる目で、私を見て。
/98ページ

最初のコメントを投稿しよう!