塗りつぶされた一ページ

人の日記なんて、読むもんじゃない。 特に、大事に大事に家族からも隠してるようなものはね

イド

5分 (2,508文字)
もっと設定を詰めても良かったかも。

0 2

あらすじ

2xx0年。科学技術は史上稀にみる加速度で興盛していた。 特に脳科学の進展は著しく、未知だった領域はどんどん可視化されていった時代であった。 その商売が流行りだしたのは、数年ほど前からだ。人の一生の

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る