選ばれし者

1/19
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
 七野 大信が醜く膨れ上がった腹をゆすらせ千鳥足で歩いている。  すると、ふいに後ろから呼び止められた。  振り向くと、いかにも招き猫のような風貌をした男が立っている。  見ようによっては可愛らしい顔ではあったが、どこか胡散臭く得体の知れない雰囲気が漂っていた。  見覚えのない小男である。  いったいいつからいたのだろう? 「おめでとうございます!  貴方ほどの適任はいらっしゃいません。  是非わが社の顧問におなりください。」  スーツを身にまとった招き猫はニッコリ、しかし怪しく微笑んだ。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!