“もしも”の話をしよう

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/1ページ
「君、僕を殺せるかい?」 「……何言ってるんですか先輩。ついに頭がイカれましたか」 「辛辣だなぁ」 「そりゃあ、そうでしょう。いきなり自殺願望なんて聞かされちゃあ」 「あー……ちょっと説明が足りなかったかな」 「足りないのは人としての何かだと思いますけどね」 「もしも、の話なんだけれどさ」 「はぁ」 「僕が『殺されたい』と思ったとき、ちゃんと殺してくれるのかなって思ってね」 「死にたい、じゃなくて、殺されたい、ですか。随分と迷惑な話ですね」 「自殺できない状況かもしれないじゃないか。例えばほら、ゾンビになっちゃったとか」 「……そんなの、抗生剤みたいなのを探しますよ」 「良い後輩だねぇ。涙ぐましいよ。ま、流れないんだけどね」 「大体、ゾンビになったからって死ぬ必要はないでしょ。……俺は、ゾンビになった先輩を殺すくらいなら、一緒になって街を彷徨いますよ」 「ふふふ、そいつは楽しそうだねぇ。けどまぁ、無理なんだけどね」 「……無理って、何でですか」 「いやぁ、ゾンビって意外と楽しいもんじゃないからね。結構苦しいもんだよ。全身が灼けそうな感じで痛いし、ずっと嘔吐感があるしね」 「…………先輩」 「もうちょっとなら誤魔化しが効くと思ってたんだけどね。限界っぽい」 「…………感染したのは、前に、俺を庇ってくれたときですか」 「さぁね」 「……大丈夫だって、言ってたじゃないですか」 「原因は別かもしれないよ。あちこちで擦り傷を作ってるしね」 「……先輩」 「ごめんね。残酷なことをさせちゃって」 「本当ですよ」 「銃の使い方は、分かるよね」 「……はい」 「まぁ、なんだ。殺すと考えるから駄目なんだよ。死体だから、火葬みたいなもんだしね」 「…………」 「ま、元気でね」 「…………」 「…………」 「……………………ッ」 「…………………………」 「………………………………」 「…………………………ッ」
/1ページ

最初のコメントを投稿しよう!