私、清宮華音(きよみやかのん)です。

1/9
29人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ
 5月の清冽さを含んだ甘い匂いが土の匂いにかき消された。  先ほどまでの青空は東へと去り、西から砂埃が風に乗って流れてくる。  (やばい。降ってくるな)  陽翔(ひなと)は自転車を降り周囲を見回す。  予想通り堤防の上のアスファルトに、黒く大きなシミがひとつふたつとでき始める。そして瞬く間に周囲は穿(うが)つような雨脚に覆われた。  陽翔は堤防道路を()れ、砂利の坂を川沿いに斜めに下ると、近くにあった橋のたもとに駆け込んだ。すでに夏服の制服のズボンはずぶ濡れ、開襟(かいきん)シャツは湿って肌に張り付いている。しかし里川にかかった橋の下は幸い雨が(さえぎ)られ、雨をやり過ごすにはちょうど良かった。  陽翔は自転車を橋脚のコンクリートの壁に立てかけると、川の様子を眺めた。いつもより水かさが増しているが橋脚まで迫ってくる気配はない。  ほっと一息ついて橋の下から西の空を見ると、真っ黒な雲が遠くまで連なっている。  (しばらく止みそうにないな) .
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!