血染めのコンパ

1/3
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/3ページ

血染めのコンパ

 藤堂明香は苛立っていた。男の趣味が絶対に合わないと思っていたから佳代に声をかけたのに、「雅春くんの一択だわ」なんて言いやがる。男の取り合いをするために、この合コンを開いたわけじゃない。それなのに──。 「そろそろ席替えしない? 男3人、女3人が向かい合って座ってても、距離が縮まらないっしょ?」雅春はそう提案する。 「いいねいいね! じゃあわたし、そっちに行こう」声を弾ませる佳代。明香は嫌悪感たっぷりに睨みつけると、「私もそっち行くー」と手を挙げた。  雅春以外の男2人が腰を上げ、明香と佳代も立ち上がる。奪う気満々だとアピールするように、ふたりは雅春に寄り添った。  そんな明香の執念を受け流すかのように、「あっ、名前なんだっけ?」雅春は目の前の女に声をかける。 「紀子です」  陰気なトーンで名乗る女。合コンの序盤で全員が自己紹介しているにも関わらず、既に名前を忘れられるほど影の薄い女。本来なら、そこには明香の友達が来る予定だったのだが、急用のため参加できなくなった。友達が口を利いてくれ、埋め合わせで現れた紀子。明香とも佳代とも面識はない。 「紀子ちゃん、実業家の男ふたりに囲まれて、悪い気はしないんじゃない?」雅春は続ける。「ですね」無表情のまま答える紀子。  明香にとっては、この実業家との合コンが勝負だった。来月で30を迎える明香。結婚を見据えた恋愛、そして玉の輿(こし)に乗る最後のチャンスだと息巻いていた。佳代を蹴落としてでも雅春を落としたい。初対面の紀子なんか気にする余裕もなかった。 「グラス空いてるけど、何か飲む?」またしても、雅春は紀子に声をかけた。  つい数分前、トイレで佳代に宣戦布告したばかり。今日は本気で雅春を取り合うって。それなのに当の本人は紀子に気を取られてばかり。 「せっかく席替えしたんだし、横並びで話しようよぉ」  精一杯の甘い声を出しながら、明香は雅春の顎ひげについたソースを指で拭った。
/3ページ

最初のコメントを投稿しよう!