鈴音の本音

2/11
38人が本棚に入れています
本棚に追加
/211ページ
赤くなる頬を隠して背を向ける鈴音の代わりに、 「夏樹、言い方を考えろ」 春一が口を挟んでくれた。 「せっかく鈴音が作ってくれたんだ。もっとマシなことが言えるだろう」 春一も仕事で帰りが遅いが、朝食時には必ず起きてきて一緒に座る習慣になっている。 朝食の時間だけが、来生一家が揃う貴重な団欒の時間だからだが、 「俺は味が普通だから普通って言っただけだぜ。ウソつくよりマシだろ」 「ウソって、お前なぁ」 なぜだかいつも、夏樹とケンカになってしまう。 「じゃあ春は、鈴音の作ったみそ汁を日本一うまいって言えるわけ?」 「日本一ってそんな大げさな」 「だろ。だったら普通っていうのが正当な評価じゃねーか」 でも春一と夏樹の口ゲンカは、どこかじゃれ合っているみたいだ。 「とにかく、俺は鈴音の献身への評価をしろと言ってるんだ。俺達のために朝早く起きて飯を作ってくれる。毎日ともなれば大変だろう」 「ああ、大変な仕事なのはわかってるさ。俺が作ってた時は、今朝みたいな飲み過ぎた朝には、食パン丸ごと出して終わりだったもんな」 「ホントだよ。パンだと秋哉が食った気がしないと騒いでひと騒動だったんだ。鈴音が作ってくれるようになってから、そんなことはなくなったし、冬依もちゃんと朝飯を食って学校に行くようになった」 「最近冬依の顔色もいいよな。鈴音のおかげだ」 そう言いながら、ふたりしてチロンとこっちを見る。 ついでとばかりにイケメン長兄組にニコリと微笑まれて、鈴音はなんだか照れくさくて恥ずかしくて、いたたまれない気分になった。
/211ページ

最初のコメントを投稿しよう!