銃を手にして死神は未練を消しにやってくる

文明開化な帝都東京、黒ずくめの洋装に銃を持つ死神は死にゆく者の未練を消しにやってくる。

ミダ ワタル

22分 (12,945文字)
「あなたの小説が5P分マンガになる!ファンタジーコンテスト」エントリーしてみました。よろしくお願いします。

6 72

あらすじ

“私が語るこの物語の主役は私ではない。私の元にやってきた死神である――。” 「真島誠一郎、享年二十二歳。お前は五日後に死ぬ」 帝都東京、原因不明な胃の不調に悩まされ、下宿に引きこもっていた大学生・真

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品