スカウト?

1/10
127人が本棚に入れています
本棚に追加
/465ページ

スカウト?

「キミ、18歳未満だよね?」 背中にゾクッと悪寒が走る。 お店の一番奥のボックス席。 アケミさんが他のテーブルに移動した直後、私の隣に座っている男が突然そう言った。 アケミさんの常連客だというその男。 今日初めてヘルプで付いた私にまさかそんなことを言うなんて。 ついさっきまで思いもしていなかった。 「もしかして警察?」 「いや、タダの客だよ」 「じゃあどうして私が18歳未満だって思うの?」 「うーん。まぁ勘かな?」 そう言ってタバコをくわえる男に、私はすかさずライターに火をつけて差し出した。 「悪いけど、その勘は外れてるよ。 私はこの春高校を卒業したばかりなの。 だから、18歳よ」 少し早い口調で言葉を並べてみれば、男はふぅと煙を吐き出しながら、切れ長な目を細めてクスリと笑った。 「実はさ、キミのことを見たことがあるんだ」 「見たってどこで?」 「春日西高の近く」 「え……?」 「制服着てたよね。セーラー服だっけ」 返す言葉を失った。 いよいよ雲行きが怪しくなってきた。
/465ページ

最初のコメントを投稿しよう!