彼女を形作ったもの

1/16
127人が本棚に入れています
本棚に追加
/465ページ

彼女を形作ったもの

海君の自転車の後ろに乗って到着した沢村邸は、夕方までそこに居たのに入る時に少し戸惑ってしまった。 もう二度と足を踏み入れることはないと思っていたから。 リビングの扉を開ける海君の後ろに続いて中に入ると、柔らかな照明の下、ソファーに腰掛けている陸君と空君の姿が見えた。 二人の姿はやけに懐かしくて、いとおしくて。 鼻の奥がツンとしてしまう。 「里奈ちゃんっ!」 私を見るやいなや、パタパタと駆け寄って来る空君。 私の腕を引くと、バッと私を抱き寄せた。 「里奈ちゃんのバカッ! もうすっごい心配したんだよー。 勝手に出て行くとかダメだよー。 里奈ちゃんがいないと、僕寂しくて死んじゃうー」 「空君、く、苦しいよっ」 ぎゅうぎゅう、と。 これでもかと私を締め付ける空君。 まじで息が出来ないんだけど。 「里奈……」 空君の肩越しに声がした方を見ると、陸君がせつなそうに私を見つめていた。 「今回のことは申し訳なかった……。 つらい思いをさせて、本当にすまない……」 「陸君……」 本当にみんな心配してくれてたんだね。 なんだか、心がほんわか温かい……。
/465ページ

最初のコメントを投稿しよう!