チェリー叔母さん

チェリー叔母さんは僕の初恋の人だった。

壺の蓋政五郎

コメディ 完結
43分 (25,358文字)
昔はどこの温泉地にもストリップ小屋がありましたね、残念ですが少なくなった。

5 173

あらすじ

僕は大学三年生、実家からの僅かな仕送りとアルバイトで学費にしている。梅雨時の蒸し暑い日だった。新潟にいるチェリー叔母さんから電話があった。暫く僕の一間のアパートに厄介になると言った。それは困ると言うと

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る