まえがき

1/3
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/22ページ

まえがき

この鎌倉喫茶は超、妄想コンテストの ──やまない雨─にチャレンジした作品です! 約6500文字完結作品の連載になります。 まず、はじめに、ページの追加挿入をしたため前回とページと本文が変わってしまいました。 ペコメ、スタンプを各ページに下さった方々にお詫び申し上げます。すみませんm(_ _)m 少しだけ、諸事情を失礼します💧 続きを宣言し模索の日々でした😹笑 で時間と意欲?違うな…先の話は頭の中にある。だが、しかし続きをエピソードゼロ的な感じで始めるてみる?いや、ここは…いろいろと迷いに、迷う…恐らく ability が おちょこ(器が小さい) なんです。 あぁ _| ̄|○ 自分に拡張機能が欲しい。  【さらに深みにハマる自分】 書いたことのない分野に手を出すのか、出してしまうのかい?チャレンジだ?と悶悶─── あれ~蓮之介って、この作者って、あんなこと、こんなこと、え”、そこ書くヤツだったんだ~と【おちょこなんで】失望させまいとハラハラズキズキしてしまう自分death! え~~さて、この作品を1度読んで下さいました方々には誠に忍びないのですが、中身を、多少です、ほんの少しだけ書き換えました。添削も兼ねてです、すみませんm(_ _)m💦 さらっと流し読みをして頂いて構いません♪ 注)新しく書き進める内容にはMinorityな部分が登場するのは確かなので、そこを踏まえまして…何卒よろしくお願いします。 そして、そして─── はじめましての読者様もよろしくお願いします😺 冨田蓮之介
/22ページ

最初のコメントを投稿しよう!