雨音の狭間で

雨がもたらす不思議な出会い

白福あずき

14分 (7,999文字)
喚き散らしながら書きました。お手柔らかに。

10 157

あらすじ

大学二年生の爽太はある雨の日『雨音』という少女と出会う。 会うたびに、言葉を交わすたびに雨音に惹かれていく爽太だが雨音はある日突然姿を消してしまう。 平凡な大学生『爽太』と不思議な少女『雨音』のちょっ

感想・レビュー 1

淡い水色、に魅せられて

梅雨どきの雨って、降っているときはそのことばかりに頭がいって、身体がくたくたになるまで考えてしまうのに、それが過ぎ去ると、そのとき考えていたことって忘れてしまうかも。……とか、そういうことを、読みなが
1件1件

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品