雨と無知

雨が降る日はろくなことがない。そう、昔も今も──

烏海香月

11分 (6,166文字)
公式コンテスト応募用に執筆した短編作品です。

44 188

あらすじ

ちいさい頃から雨が降る日にいいことがなかった陽奈子。 大人になった今でも雨の呪縛に振り回されている。 そんな陽奈子の前に現れたのは、かけられただろう呪縛を解くかもしれない人物だった。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る