地球最期のastronaut

1/11
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

地球最期のastronaut

「ねぇ、星見に行こうよ」 新緑の若葉のようにみずみずしくて、 藍色の空に浮かぶ星のように輝き、 水色に澄み渡った夏の空を照らす太陽のような笑顔を見せた君が、 僕の手を引いた。 真っ白な病棟の小さな個室に閉じ込められた君の、 唯一の楽しみが屋上での天体観測。 その時の君は、いつもの何倍以上も晴れた笑顔を見せる。 彼女が太陽ならば、彼女の表情や言動で気分までもが一喜一憂する僕は、 彼女に照らされて姿を現す月だろうなと思う。 懐かしい思い出の中にしまわれているあの日、 僕は彼女にそう言ってみた。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!