省エネ男子はケダモノだった

10/13
426人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
「強がるなよ。欲しいくせに」  止める暇なんてない。国生君が無駄にお綺麗な顔をそこに近付けて、何をされるかわからないほど初でもないのに、止められなかった。 「ひ、あっ! それっ! やめっ!」  指以上の刺激が背中を駆け上る。前の彼氏はさせるばっかりで、好んでしなかったことを国生君は平然とする。  それが嬉しいようで、怖い。だって、気持ち良い。あの時はイくなんて知らなかった。結局、一度もイケないまま消滅した。けど、今は未知の感覚が近づいてるのがわかる。大きな波が怖い。飲まれたらもう戻れなくなる気がするから。 「わかっ、から、も、もぉっ……あぁっ!」  国生君は本気なんだ。それを認めれば終わると思ったのに、もう一本指が入ってきて余計に掻き乱される。 「嘘吐き。もっと本気で俺を欲しがれよ」  乱暴な言葉にさえ体が震える。  そこからの国生君は容赦なかった。指と舌で、あっという間に高められた。何回イカされたかわからない。まるで拷問みたいだったけど、自分から求めることなんてできなかった。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!