父の手

いつも私を守ってくれたのは、父の大きな手だった。

菊池 策

3分 (1,618文字)

35 357

あらすじ

自分が父の子ではないかもしれないと知ってしまった紗枝は、家を抜け出してコンビニの駐車場に停まっていた一台のトラックに乗せてもらおうとする。 表紙はガイムさんによる写真ACからの写真を使わせていただ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る