prologue

1/2
1339人が本棚に入れています
本棚に追加
/154ページ

prologue

「華々しい暮らし」を想像しているであろう国民の皆様に、声を大にして否定をお伝えしたい日常が私にはある。 「志麻!!!着替え終わった!?」 「ちょっと待って…急に撮影時間の変更とか聞いてない……まだパンツだよ…」 ドア越しに聞こえる声に、私は覇気なくそう応える。 「しょうがないでしょ!明日からずっと天気悪いみたいだから内容的に今日早めスタートでやっちゃっていいですか?って言われたら断れないじゃない。」 「そりゃそうだけどー…」 早くしなさいとドンドン扉を叩いて急かす音を背中で聞きながら、寝癖もままならない髪をぐしゃりほぐしてため息をついた。 "國立(くにたち) 志麻(しま)。 24歳、等身大の演技力で魅せる” ベッド脇に乱雑に積まれた雑誌の1番上の表紙には、見慣れた自分の顔と、そんなタイトルが大きく添えられていた。 「この時の衣装、可愛かったな。」 やはり買い取っておけばよかった。 今度スタイリストさんに聞いておこうという思考に至った瞬間。 「志麻!?あんた早くして!?」 聞き慣れた声がドア越しに再びとんできて、これはそろそろ本腰入れて用意しないと後が怖いと、苦笑いを零した。
/154ページ

最初のコメントを投稿しよう!